知的資産経営支援

知的資産経営導入の利点とは?

  • 経営者は、経営戦略の整理ができる
  • 事業承継時の後継者への情報伝達の容易さ
  • 社員の意識向上とコミュニケーションの活性化
  • ステークフォルダーに価値ある情報の提示が可能
  • 報告書を「これから未来の」経営管理に生かすことができる。
    事業活動の質的レベルアップ、目標管理、人事評価

知的資産の分析ステップは

  • 自社のビジネスの流れを明確にする。
  • 知的資産を人的資産、構造資産、関係資産に分類して棚卸をしていく。
    knowledgeitem2
  • 強みを示す指標(業績評価指標:KPI)を設定する。
    例えば、営業の評価であれば、「引合案件数」「訪問回数/商談期間」
    「成約率(受注率)」などのように定量的に評価できるものを作る。
  • 外部環境における強み・弱みを分析する。
  • 今後の経営戦略を明確にする。
  • 知的資産経営報告書を作成する。
    (1) 開示する相手を特定し、相手の知りたい情報にフォーカスを当てる。
    (2) 強みを生かした経営戦略と事業計画を記載する。
    (3) 強み(業績評価指標:KPI)と事業の業績の関連性を記載する。
    (4) 図、写真、グラフなど視覚的な要素を上手くつかう。
  • 知的資産経営報告書をコミュニケーションツールとして利用する。
    (1) 顧客への営業活動
    (2) 取引先・協力会社への開示
    (3) 社員採用活動
    (4) 金融機関・投資家への資金調達活動
    (5) 公的機関への情報開示
    会議

pdcaサイクル

  • 分析した知的資産をベースに強みを生かした事業計画を立てる。
    KGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)を設定してどうなったら
    目標達成できたかという指標は必ず作る。
  • 事業計画を元に実際の経営活動を実行する。
  • 経営結果を振り返り、強み(知的資産)を再度評価する。
  • 知的資産経営報告書を再度作成する。