これからAI時代での心構え

これからAIが経済を制していくかもしれない。
自分がどのような心持ちでいたらよいのであろうかとずっと考えていた。
すると「日経ビジネス」を読んでいたら仙台の「厳眼寺」の住職様「塩沼亮潤」様の記事に

1.勤行 ・・・ 毎朝夕の読経
2.掃除
3.追従 ・・・ 出会った相手が喜ぶようなことをしなさい
4.阿呆  ・・・ 「お前あほやな」と言われても「はい」っと嫌な感情を解き放つこと

と書かれていました。 (日経ビジネスより引用記載)

いつも自分の姿勢を決めていたら楽になると思います。
私の場合、「阿呆」になることが苦手ですが、これを大切にしていきたいと思います。

2018年05月01日